2013雪の北海道 鳥の旅①

札幌雪まつりの感動も収まらないうちに、今回の鳥の旅が始まりました。

札幌発おおぞら3号で釧路まで4時間の車窓の旅、雪景色がとてもきれいでした。

小一時間ほど走ったところで「途中の線路で亀裂があり、補修中」とのアナウンスでストップ。

「2,30分の遅れ」のアナウンスでホッとひと息、動き出したのですが何度もストップ。

乗り継ぎの羅臼へのバスをほぼ諦めかけた時にアナウンスが……

結局43分前後の遅れということで現場を通過、バスへの乗換え時間は4分あるので間に合いそう。

ところが釧路手前での遅れは46分、1分の乗換え時間でどうかと思いましたが走るしかなく……

列車がホームに着くや、一目散でバス乗り場へ。羅臼行き最終便の阿寒バスはどれか?

何やら前に走り出しそうなバス、これだと思い動き出すバスの前に出て手を振り運転手に合図。

止まってくれました。神様、仏様、運転手さまの思いで感謝でした。


4時間余りのバス、そこからタクシーで鷲の宿へ……

夕食を終えていざ、シマフクロウが来るという場所へ。

撮影はバスの中と思っていましたが、暗くて寒そうなので食堂のある棟に変更。

そこには6名の外人がいて、日本人は私と彼らのガイドの方だけ。


貧しい会話で少しだけ仲間入り、来る前に見たビッグ・ボーイズを思い出し映画の世界に入った感じでした。

シマフクロウはここでしか見れないので、外国の方には有名で、遠くの国からも来られるようです。

インド、フィンランド、オーストラリアから来られているようで、いろんな動物写真も見せてくれました。

特にインドの方とは親しくなり、楽しい時間を過ごせました。


ところでこのシマフクロウ、2月くらいから出が悪いようで、夜の10時を過ぎるころにしか出なく

なっていて、覚悟を決めて待ちました。

ところが7時を回るころに遠くの木に現れ、しばらくしてから餌場に……

初めて見るシマフクロウ、感動する間も惜しくてシャッターを押しました。

数分間いて餌を獲って上流へ飛んで行き、12時まで待ちましたがゲームセットでした。


シマフクロウ1130213

シマフクロウ2130213

シマフクロウ3130213

シマフクロウ4130213

スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

reeya

Author:reeya

最新記事
最新コメント
掲示板
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR