北の大地への旅④

この日は「さっぽろ雪まつり」の初日、朝一に会場を見てからクマゲラの所に向かいました。

ところが今日はお留守、仕方なく周りの公園を散策しました。

昼から戻って来たようですが、長時間待てない性格のために撮れませんでした。

という事でお昼は札幌駅で済ませて、電車に乗りたかったので小樽へ・・・

ろうそくの温かな灯火が小樽の古い街並を優しく照らし出す、幻想的なイベント「小樽雪あかりの路」があります。

「運河会場」では、運河の水面に200個の古い漁具を利用した浮き玉キャンドルが瞬き、幻想的な感じがしました。

雪道ではバケツを利用して、かまど風のキャンドルが道を照らしていました。

このイベントは全てが市民ボランティアの手作業によるもので、温かなあかりが来場者をもてなしてくれます。


JR札幌駅、どこに行くにもここが起点です
札幌駅160205

明るい時の小樽運河、建物の大きなつららが目に入りました
小樽0160205

ちょっと暗くなって、川面の浮き球に光が灯されました
小樽1160205

赤レンガの倉庫群は雪がとっても似合います
小樽2160205

こんなオブジェもあって、キャンドルが灯されていきます
小樽3160205

バケツに水を張って作ったキャンドル
小樽4160205

風もなく穏やかだった小樽運河
小樽5160205

夜の帳が降りて来て、暗くなった小樽運河
小樽6160205

イベントのスタートではゴスペルが歌われ、良い雰囲気になりました
小樽7160205

ひと回りして来て、戻って来た時は真っ暗で、灯がきれいに見えました
小樽8160205
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

、、雪国のええとこ、「小樽運河」、、絵になるね~、、愛する人と、手を取り合って運河のほとりを歩くんよね~、、ク~っち、、溜息が出るがねっ!

kaino3さんへ

南国育ちのkaino3さんには、ロマンチックでもこの寒さに耐えれるかな(笑)

でもたまには奥さんと一緒に、こんな所に旅行にでも行ったらどうかな?

romanticな街

nakaちゃん、こんばんは。

小樽まで足を伸ばされたんですね。

レンガ街にはたしかガラス細工やオルゴール専門店が

あって情緒ある街並みですね。

次回は、爽やかな季節に奥様とデートしてほしいです

チャリねえちゃんへ

チャリねえちゃん、こんばんは。

札幌では余裕を持って泊まっていたので、ちょっと時間が余りました。

一日かけたら知床辺りまで行けたのですが、鳥も見たかったしね。

今度は一日かけて行ってみようと思っています。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

reeya

Author:reeya

最新記事
最新コメント
掲示板
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR